デザイナーズハウス木屋TOP

■苦い思い出 第二話


★新人スタッフ 『さいとう たかお』の
ちょっと甘くて切ないラブストーリーを
お楽しみ下さい!

大学入学と共に車好きの仲間と
何台か連ねて峠道を走りに行くのが

恒例となっていた

とある雨天の
下りのワインディングロード

前を走る仲間の車を
追い越す必要もないのに

雄一朗は
ガスペダルを踏み込んだ

右コーナーの途中で
左にテールが流れた

『しまった・・・』

カウンターを当てるも
未熟な運転レベル
(注:カウンターを当てる=逆ハンドルを切る事)

当然、制御出来るわけもなく
左から、今度は右へ流れた

雄一朗は、無心にステアリングを
切り続けた

最終的には
ワイヤーのガードレールに
フロント部分が突き刺さって

やっと停まった

『ふ~・・・』

不幸中の幸いは
対向車がなかった事だ

二人ともシートベルトを
していたお陰で

かすり傷程度で済んだ

【つづく】

※ストーリーに登場する人物等は
 全てフィクションです

« 前の記事     次の記事 »

 

 

 

 

 

メニュー