デザイナーズハウス木屋TOP

三宅の隠れた名建築散策② 倉敷公民館

こんにちは、木屋の三宅です。

先日はお休みをいただきまして、馴染みの革屋さんへ

注文していた財布が完成したとの事で、取りに行かせてもらいました。

安いのに、クオリティが高いので、おススメですよ。

興味がある方は行ってみてください。

革屋 バロール 

さて、今回はちょっと趣味的なブログを書きますが(笑)

このバロールというお店が倉敷商店街の中にあるので、ついつい倉敷美観地区を散策してしまいます。

以前ご紹介したブログで

建築物のご紹介をしましたが、

今回の建物は鶴形山の南ふもと。中国銀行さんの向かいに

倉敷公民館という建物があります。

この建物も、同じく浦辺鎮太郎という方が設計されたのですが、

当時はかなりモダンな建物だったと思います。

1969年完成ですから、約築50年の建物になります。

倉敷っぽい、白の壁となまこ壁と呼ばれる瓦材料をタイルのように使い、ラインに入れています。

周りの環境も、白壁風情があるので、すっかりなじんでしまって、

逆に何の建物?って感じです。

現在は、公民館として、図書コーナーや市民の音楽スペースとして

活用されています。年配の方の文化の場になっているようです。

ホールにある家具も50年前の状況で、センス良く置いております。

置かれている家具や、質感の高い材料が

公民館にしてはもったいないぐらい、高級ホテルを感じさせるのは

僕だけでしょうか?

建物は階段のデザインに出るといいますが、

非常にカッコイイ階段手摺や吹き抜けのデザインになっています。

今だとお金がかかるので、こうしたホールのデザインは少ないですが、

光の入り方や、光のデザインが心地よいですね。

最上階の3階には、オーディオルームがあり、

古いLPなど(レコード)が聴けます。

時間に余裕がないとこんな場所には来ないと思いますが、

レコードをスタッフの方がかけてくださり、

リャーリーパーカーという人のLPを聞きました。

プツプツと音が途切れる雰囲気が良く、

外の観光地の雰囲気とマッチした音楽の時間が味わえるので、

音楽を楽しみたい、ゆっくりとした時間を味わいたい人にはおススメかなと思います。

そして、阿知神社を参拝し、高台から倉敷を見れます。

最近ではマンションも多くなってきましたが、

美観地区は高さ制限があるので、高層ビルが建つことはないです。

いつまでもこの景色が残ってほしいですね。

案外倉敷や、岡山だと後楽園は観光地なので、

地元の人は行かないことが多いそうですが、

ちょっと足を延ばせば2~3時間でガラッと日常とは違う世界が味わえるので

休日感を出したい時にはオススメです。

さて、次はどんな建物をリポートしようかなと(笑)

お読みいただきありがとうございました。

三宅のマニアックブログでした(笑)

みなさまの家創りをトータルサポート
お客様のライフスタイルやご希望にあわせて“3つの提案”を行なっています。
「ちょうどいい家づくり♪」 キヤプラス
家賃並みのご予算で持てるデザイナーズハウス
「セレクトオーダー住宅」
コストを考え限りなくフリープランで高性能なデザイナーズハウス
「自由設計注文住宅」 キヤスタイル
お客様のこだわりを表現したデザイナーズハウス

 

 

 

 

 

 

メニュー