デザイナーズハウス木屋TOP

岡山県はまだ一戸建て意識が高いけど、、、。マンションという選択肢は?

今日は、梅雨時期は映画にハマってしまう三宅です。

特に邦画を最近は良く見るのですが、

日本の映画は海外映画に比べてとても情緒的なので、

泣き上戸な私はついつい涙を流してしまいます(笑)

東京が舞台となっている作品などでは、ほとんどマンションが家の代表として

出てきます。なので今回はマンションの話題をひとつ。

さて、一戸建ての仕事をしているデザイナーズハウス木屋ですが、

一戸建て・マンションの両方を検討されている方と話をすることも

たまにあります。

本当は街中で家が欲しいのだけど、、、。金額的にマンションしか

選択肢がない、、、。そして土地もない。と嘆かれてたりします。

その理由は、土地の高騰にあるようです。

 

 

 

 

 

 

私もこの会社に入って10年目に突入してきましたが、

土地の金額は入社当時から言えばかなり上がってきています。

しかし、上昇しているエリアをよくよく見てみると

『市街地・駅近く・商業地』が顕著で、ひとたび郊外や

中心市街地を離れて市街になったりすると、

土地価格は上がっているところよりも、下がっているところもあったりします。

この事はどういう事か?と言いますと、

『便利な場所にはお金を出す』事だと思います。

最近は、車を持つ維持費が高いのでは?という点に着目して、

街中なので、車1台。もしくは車無し、、、、。なんて言う人も聞いたりします。

必要な時に車をカーシェアしたり、レンタルしたり。

仕事内容が、街中でのデスクワークだったり、会社も街中だけになる場合は、

ほとんど、中心地にいれば、生活に困ることはありません。

インフラ関係や、病院・スーパー・娯楽施設・スポーツジムから公共施設に至るまで。

徒歩圏内で、色々揃うわけですから、老人になってもOKです。

マンションはエレベーターもあるので、ほとんど平屋に近い生活になります。

実はマンション需要は、若い世代もありますが、年配世代のセカンドステージの場所にも

使われています。

しっかり老後資金や退職金がある方は、車を持たずに生活できる街中は便利この上無しですよね。

案外、子育てを終えた諸先輩方の資金は豊富にある方も多いとか(笑)

マンションは購入費用とは別に、維持管理費がかなりかかります。そこは注意ですが、

岡山はまだまだマンションが少ないため、ニーズに対して需要が間に合っていないと聞きます。

最近は北長瀬駅 南 が非常に元気が良いので都市化が進んできそうですね。

 

一戸建てを検討している方で、

土地代金が、中心地と郊外では、700~1000万ぐらい違ってきます。

これは支払いに換算すれば、35年ローンで 2.1~3.0万/月 異なってきます。

じゃぁどう判断すればよいか??それは

まず生活の中心に車があるのか?が大事なポイントになります。

車を2台から1台に変えてしまえば、普通車はだいたい車1台 2.0万/月かかりますので

車1台の生活に変えるか!となれば、中心地もありかもしれません。

しかしマンションに住んで車が2台あり、その生活が今後かなり長く続くとなると。

コストだけを考えると、なかなかハイコスト。

マンションは利便性と高層階になると日当たりも良いので、ロケーションも◎

マンション購入の場合こそ、コストとの比較・比較 が大事ですね。

また、マンションに出来ない、家のメリットは

最近の事であれば、太陽光を付けたり、家をZEH化して

低燃費な家を目指すには、戸建ては向いていると思います。

街中で住まれる方は、よーく生活スタイルを吟味してみてくださいね。

 

« 前の記事     次の記事 »
みなさまの家創りをトータルサポート
お客様のライフスタイルやご希望にあわせて“3つの提案”を行なっています。
「ちょうどいい家づくり♪」 キヤプラス
家賃並みのご予算で持てるデザイナーズハウス
「セレクトオーダー住宅」
コストを考え限りなくフリープランで高性能なデザイナーズハウス
「自由設計注文住宅」 キヤスタイル
お客様のこだわりを表現したデザイナーズハウス

 

 

 

 

 

 

メニュー