デザイナーズハウス木屋TOP

秋晴れというにふさわしい快晴!OK-HOUSE様地鎮祭でした(*^^*)

こんばんは!

四宮です。

 

気が付けば11月も中旬

コロナに始まりコロナに終わりそうな2020年も

あと少しで終わり、、、早いものですね(^^;

 

2021年はコロナも落ち着いて

いろんなところに移動できるようになることを

切に願っているところではあるのですが、、、

そんな気持ちを払拭させるほどの快晴の中

OK-HOUSE様の地鎮祭を先日執り行いました!

 

 

 

 

 

ところで今さらながら地鎮祭について

よくわからないという方もいらっしゃるかもしれないので

以下をご参照ください(笑)

 

地鎮祭とは、建物の新築や土木工事の起工の際などに、その土地の神様を祀り、工事の無事進行・完了と土地・建造物が末長く安全堅固であることを祈願するために、おこなわれる祭りです。

一般には「じまつり」などとも呼ばれ、国土の守護神である大地主神(おおことぬしのかみ)と、その地域の神様である産土神(うぶすなのかみ)、またその土地の神々である「此の地を宇志波伎坐(うしはきます)大神等」をお祀りします。

地鎮祭は地域によりお祭りの仕方が異なる場合もありますが、基本的な祭儀の流れは神社の祭儀とほぼ同様です。そのなかでも特徴的なこととして三つの行事がおこなわれます。

一つは祓(はらい)の行事であり、四方祓(しほうはらい)の儀と称して、祭場四方の敷地を大麻で祓ったり、半紙と麻を切って作った切麻(きりぬさ)などを撒き、祓い清めます。

二つ目は起工の行事であり、刈初(かりぞめ)の儀・穿初(うがちぞめ)の儀と称して、施主・施工者が忌鎌(いみかま)・忌鍬(いみくわ)・忌鋤(いみすき)などにより、草を刈り、地を穿つ(掘る)所作をおこない、神様に工事の開始を奉告します。

三つ目は供物の行事であり、鎮物(しずめもの)埋納の儀と称して、神霊を和め鎮めるために鎮物の品を捧げて、工事の無事安全を祈念します。

土地の神に敬意をはらい、使用の許しを得て、工事の安全と生活の平安を祈願するという祭りの意味は、まさに日本人の生活習慣における伝統や信仰に基づいたものといえます。

(『神道いろは』92・93頁参照)

神社本庁HPより引用

 

※上記は一般的な神式の場合と思われます。

当然宗派によっても様々

作法も違うと思いますのでご参考までに。

 

 

さておき、気持ちのいい秋晴れの中

しっかりご祈念頂きました!

Sちゃんも終始楽しそうにしていて

ほのぼのしました(*^^*)

 

 

これから工事に取り掛かっていきます!

引き続きよろしくお願い致しますm(_ _)m

« 前の記事    
みなさまの家創りをトータルサポート
お客様のライフスタイルやご希望にあわせて“3つの提案”を行なっています。
「ちょうどいい家づくり♪」 キヤプラス
家賃並みのご予算で持てるデザイナーズハウス
「セレクトオーダー住宅」
コストを考え限りなくフリープランで高性能なデザイナーズハウス
「自由設計注文住宅」 キヤスタイル
お客様のこだわりを表現したデザイナーズハウス

 

 

 

 

 

 

 

メニュー